ブラックジャックのハウスエッジ:自動シャッフルと連続シャッフルの比較

1960年代初頭、Edward O. Thorpらがブラックジャックでカードを数える方法を発見した後、カジノは反撃しなければならないと考え、連続シャッフルマシン(CSM)が誕生しました。少なくとも、そのような経緯があったのだ。最初に特許を取得したシャッフル装置は、1887年にシルヴァナス・ティングリーとチャールズ・ステットソンが開発したものだ。ジョン・ブリーディングが1992年にシャッフルマスターを完成させるまでには、他の機械も開発されていた。

いずれにしても,これらのマシンはブラックジャックのゲームを変えてしまった.理論的には,基本的なブラックジャック戦略をとった場合,CSMはハウスエッジをわずかに下げるが,カジノ側は1時間に多くのハンドを配ることになるので,プレイヤーはそれに対抗しようとする.しかし、これらのマシンに挑戦する前に、連続シャッフル機と自動シャッフル機(ASM)の重要な違いを知っておく必要があります。

自動シャッフル>連続シャッフル

シャッフルマスター」をはじめとするCSMは、数回のプレイで溜まった捨て札を、ランダムに山札に戻していく。ASM機は、デッキ(シュー)全体を受け取り、すべてのカードを自動的にシャッフルします。これは微妙な違いですが、ブラックジャックで勝つための戦略を立てる上で重要なポイントです。

ここで重要なのは「浸透性」です。CSMでは、通常、デッキの半分程度を使用した後に、捨て札がすくい上げられます。これでは,カードをカウントして優位に立つことは事実上不可能であり,十分な浸透性が得られない.一方、ASMを使用したブラックジャックゲームでは、新しいシューから始まり、通常のゲームと同様に、デッキがカットカードに到達するまでプレイされます。カットカードがシューの十分な深さに置かれていれば、カードをカウントするのに十分な浸透性があります。残念ながら、アドバンテージプレイヤー向けのより高度なブラックジャック遊び方であるシャッフルトラッキングは忘れてください。

もちろん、オンラインブラックジャックをプレイする場合は、毎ハンドごとにシュー全体が自動的にシャッフルされるので、基本的なブラックジャック戦略がハウスエッジを下げるための最良の選択肢となります。しかし、もしあなたがライブカジノでハウスエッジを得たいのであれば(様々な理由から必ずしもお勧めできませんが)、手でシャッフルされるゲームを探してみてください。そうでない場合は、CSM技術ではなくASMを使用しているゲームを探してください。